このエントリーをはてなブックマークに追加

今後の賃貸物件

賃貸で一番いいのは社宅であると述べたが、実際、会社が社宅を運営しているかどうかは分からない。
だが僕は会社の福利厚生で運営している社宅が、一番お得な賃貸だと思う。
営利に走っていないから破格に安いのである。
この社宅が無理ならアパート、団地であろう。
僕は平屋の賃貸もいいなと思う。
おじいさんおばあさんが住んでいるイメージがあるが、僕は住んでみたい。
二階建てのアパートより平屋の賃貸が環境的に僕は住みやすいように思う。
ただ賃貸は、一軒家への道程の一つだという認識がみんなの認識だと思う。
いつかは一戸建てを、というのが大衆の心理である。
僕は二世帯住宅に今住んでいるが、こうもり的な立場にいる。
二世帯住宅であるが、一戸建てとは違うし賃貸とも違う。
二世帯住宅は、はたして一戸建てと呼べるのだろうか。
今後の賃貸物件はどうなるのだろう。
デフレがこのまま進み、一戸建てが手に入りやすくなるほど安くなったら、誰もが賃貸は一戸建ての道程の一つになるだろう。
僕は賃貸も好きである。
居心地が良くなければ引越すという手もある。
一戸建ては引越せませんよ。
お金があるなら、その家を売って引越せるが、大衆には無理である。
777万円の家と言うものも出てきた。
このまま家の値段が下がり、それほどの給料でなくても家が買える時代が来たら、安定した社会が出来るかもしれない。
やはり家賃を払って住むのは、ある程度不安感がある。
賃貸の僕の一番のおすすめは社宅。
社宅で若い日に過ごしてお金を貯めて、一戸建てに引越す。
これが理想かもしれない。
社宅とアパートを比較すると、社宅の方がいいですよ。
社宅有りという求人雑誌の表記にはくれぐれも要チェックを。
今後の賃貸物件はどんどん安くなるだろう。
みんな家を買える時代が来たら、賃貸はどうなってしまうのだろう。
賃貸の契約がもっと簡単になるのだろうか。
ウィークリーマンションを長期に借りても保証人はいらない。
有名なアパート運営会社も、保証人不要をうたい文句にしている。
家の値が下がり、賃貸の状況もかなり変わってきている。
江戸時代の長屋が昔の賃貸のイメージであるが、それはそれでよかったのだと思う。
人情にあふれる住まいを選ぶか、個人的な生活をすることを選ぶか。
今は選べる時代である。
良い選択をしたいものである。
一戸建ては引越し出来ない。
賃貸なら引越しが何度も出来る。
やはり賃貸の需要が絶えることはないだろう。
よく選びたいものである。

便利な賃貸の情報サイト