このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸の探し方

皆さんは住宅物件はどう探しているだろうか。
賃貸雑誌を見るのだろうか。
僕はネットの賃貸雑誌を見ることが多い。
今住んでいるところは、二世帯住宅である。
ただこの先は分からない。
結婚でもして家を構えるかもしれない。
賃貸に移り住むかもしれない。
最近777万円住宅と言うものを目にする。
777万円で家が建つのである。
某有名会社が売りだしている。
777万円である。
家も安くなったものだ。
皆さん気になったら検索して見ては。
インターネットが普及して、賃貸の情報も、ネットで調べる人も多いだろう。
ネットは簡単である。
住所をクリックして、値段や間取りを入力して検索。
自分の希望の物件が出てくる。
最近はみんなこの賃貸のネットで調べるのだろう。
スマホでも出来るのだろう。
僕は昔アパートを探した時は、大学の掲示板のチラシで決めた。
掲示板に張ってあるチラシを見て選んだのである。
今ならネットで調べたと思うが、その頃の賃貸情報はそのようなものであった。
賃貸雑誌に全部出ているとは限らない。
近所を歩いていて、空き家、という立て看板があるところは、借りれる賃貸である。
そういうところは立て看板だけで済ますことが多い。
賃貸雑誌、ネット賃貸雑誌、には載ってない穴場が、近所や街を歩いていると目にすることがある。
そういうところもいいと思う。
大学生の人は、大学の掲示板を狙うのもいいと思う。
わざわざ大学の掲示板に広告を出しているのだから、家賃も大学生向きである。
お得である。
自分の家が手狭になって、賃貸を探す時は、もしそれが自分の家のそばに借りたいというのであれば、住宅雑誌より、近所を歩いて情報収集がいいと思う。
ネットの資料は写真が載っているものも多いが、近所を歩いていて目にする物件は実物であり、写真より断然物件の詳細が分かる。
家の近くに住む時は、住宅雑誌より、歩いて見に行く。
鉄則だと思う。
たまに住宅雑誌に載っていない穴場を見付けますよ。
そう言えば昔アパートを借りた時は随分歩いた。
友達も手伝ってくれて暑い中をかなり歩いた。
お金がたくさんあれば、高級な物件を探せたが、そこは貧乏学生。
お得物件しか選ばない。
最近インターネットに没入する人をおたくと呼んで蔑視するが、それはそれで一理ある。
実際にリアルな世界で動いた方がお得な場合が多い。
引きこもりも悪くはないが、現実の世界も悪くない。
リアルな世界にはいろいろあっておもしろい、と僕は考えているが、僕も引きこもりの部類に、区別すると入るかもしれない。