このエントリーをはてなブックマークに追加

ウィークリーマンションの実情

最近、ウィークリーマンションというものも流行っている。
一泊二日で7000円くらいで泊まれるのである。
長期宿泊にすると、一泊4000円くらいで泊まれる。
この種類のものにマンスリーマンションというものもある。
ウィークリーマンションとマンスリーマンションにはあまり差がない。
短期を狙うのがウィークリーマンションで長期を狙うのをマンスリーマンションという区別も出来るが、ウィークリーマンションでも長期宿泊は可能であり、マンスリーマンションでも短期宿泊は可能である。
このウィークリーマンションはビジネスマンがよく利用している。
僕は観光で二度ウィークリーマンションに泊まったが、一度ビジネスマンの大群に出くわした。
ホテルのロビーで座っていると、数十人のビジネスマンが廊下からやってきた。
ビジネスマンが多数で泊まっていたのである。
ウィークリーマンションは、部屋はワンルームマンションとかなり似た作りになっている。
バストイレ付きキッチン付きである。
僕はウィークリーマンションに泊まった感想は、友達の家に泊まっている感覚におちいる。
部屋は綺麗で設備は整っている。
もしお金に余裕があれば、一週間くらい泊まってみたいと思った。
この種類のホテルは、泊まれば泊まるほど宿泊代は安くなる。
かなり泊まれば、一泊3000円台にまで安くなる。
ビジネスマンも利用が多いが、観光客も多い。
その他に、学生が進学試験のために上京することにも使われる。
賃貸の新しいかたちとしてのウィークリーマンションであるが、もし一カ月ウィークリーマンションで住むとしたら、10万円前後で借りれる。
学生がまだ自分のアパートを探せない場合、このウィークリーマンションで住むことも出来る。
家賃が月に10万円なら高いが、短期で考えると、ホテルに比べると破格に安い。
地方の人が東京に遊びに来る時も、もしそれが長期宿泊なら、ウィークリーマンションがお勧めである。
どうやって借りるか。
ネットで簡単に宿泊予約が出来る。
いろんなウィークリーマンションがあるのでよく選ぶといいと思う。
どこも値段的には変わらないが、キャンペーンなんかをやっている時はかなり安い。
もし長期宿泊なら、いろんなウィークリーマンションを比較して選ぶといいと思う。
その他に、喫煙可能と禁煙があるので、選ぶ時は間違えずに。
そして朝食は基本的に出ません。
昼も夜も出ません。
近くのファミレスや食堂で済ますといいと思う。